三陸書房ホームページ

SANRIKU PUBLISHING

ちいさな喜びと日々──父からの贈りもの 大政 千江

著者紹介
書評
読者評

ISBN4-921091-06
新書判上製 192頁
定価:本体1,300円+税
装幀:辻村益朗+オーノ リュウスケ
2003年6月発行

「見開き2頁とはとても思えないほどの深みがあり、その切れ味のよさはお人柄と生き方を感じさせます」、「本のサイズや色や絵柄が、とてもステキで可愛い。持ち歩くのに良いサイズで、また文章が読みやすかった。内容も年取った一人の女性が、肩肘張らずに心楽しく暮らしている様がとてもゆかしく、好感が持てた。一人暮らしの女性にすすめたい一冊です」、「あまり楽観的に考えられない『老い』というテーマに、一筋の希望を与えてくれる本」(読者より)

米寿を過ぎ、老いてひとり暮しの寂しさに耐えながら、78歳の時からこれまでのほぼ10年、日々の体験や、父親はじめ家族の思い出を新鮮に受けとめて、自らの人生を見つめ直すために書きつづってきた、しなやかな短文エッセイ83篇。生に処する知恵が、文にさわやかに脈打っている。

著者の父は、片岡敏郎。戦前の広告界にあって、アイディア・文才ともに縦横の、広告の天才と称された、コピーライターの草分け的存在であり、重鎮であった。「森永ミルクキャラメル」、「赤玉ポートワイン」、「歯磨スモカ」等の、今も語り草となっている広告作品を数多く生んだ。本書中、この父に触れた文章は、特に感興をそそる。

  • 彩り
    新茶
    さざ波のように
    ほどほどが好き
    こそくる
    幼児還り
    虎のような
    ウォーキング
    父のセンス
    ゆらめき
    祖母の思い出

    わたしの影

    笑顔を贈る
    口紅
    いぶし銀
    唐桟
    蝋燭の明り
    菊の老女ぶり
    あしたの風
    自分を褒める
    先生と呼ばれて
    煙草

    人形のモモ
    父の面影
    旅路の果て
    六月に思う
  • 手を叩く
    父にあなたと呼ばれて
    遠い日の想い出
    叔母のリボン
    シンビオーシス
    藪椿
    わくらば
    木槿の花
    萩の思い出
    手の皺
    ふれあい号に乗って
    彦爺
    新鮮だった父の言葉
    サッカー
    水仙

    白足袋
    親孝行と恋愛
    傷に玉
    ひらがな流
    一枚のレコード
    非運
    寂しい夢
    甘いもの中毒
    秋海棠
    雨の日
    夜中の足音
    父の書いた掛軸
    老春
  • ゴキブリ体操
    こぎん
    イワシ
    ひがみとこだわり

    のんきに生きる
    老友たち
    ゼラニウム

    冬の西瓜

    侘助
    不良は抱きかかえろ
    お金のこと
    流行というもの
    母の日
    ダイヤモンド
    青春いまむかし
    夕映え
    蛇屋敷
    よその家
    職人
    露草
    桜餠
    枯葉
    総領の甚六
    かわいい年寄り
    寄り道
この本を買う
冊数